近距離引越しで荷物も少量なら安く済ますことが可能です!

 

近距離引越しで荷物量も少なければ1万円台で引っ越すことも可能です。

 

特に安いプランを提供しているお勧め業者を掲載します。

 

近距離引越しの格安プラン

業者名プラン名費用
ハトのマークの引越センター小鳩プチトラパック11000円~
日通単身パック当日便15000円~
クロネコヤマト単身者向け「わたしの引越」14000円~
サカイ引越センター小口引越し便要見積もり
アリさんマークの引越社ミニ引越しプラン要見積もり

※単身パックは単身以外の方でもご利用できます。

 

引越し料金は荷物量で決まるので、もし荷物が多いと近距離でも高くなってしまいます。

仮に荷物量が多い場合の節約方法も掲載します。

 

①大型家財だけを依頼する。

 

大型家具や家電を業者に依頼する方も増えており、細かい荷物は自分で運ぶ方法です。

 

家財のみの引っ越しは、ほとんど自力引越しに近くなりますが、近距離だからこそできる節約方法です。

大型家財だけを運ぶプランがある業者は、

  • クロネコヤマトのらくらく家財便
  • アーク引越センターの大物限定プラン
  • 佐川引越しセンター単品プラン

 

自分で運べない家財や家電が多い場合は、積み切り便も格安な方法です。

 

②積み切り便で運ぶ

 

積み切り便は、トラックの大きさを指定して、そのトラックに詰めるだけ荷物を積む運送方法です。

 

方法としては、大型荷物を先に積んでいき、空いたスペースに小物を積み、詰めなくなった荷物は自分で運ぶ方法になります。

 

通常は、業者が荷物の点数に合わせてトラックを選択しますが、それだとどうしてもサイズが大きくなってしまいます。

 

トラックの大きさで料金は決まるため、小さめのトラックを指定することで安くなるという仕組みです。

 

(当日荷物が積めなかったではトラブルになるため、見積もりスタッフは余裕を見て大き目のトラックを選ぶためです。)

 

③フリー便で運ぶ

 

近距離ならば、時間指定をしないフリー便を選択する方法もあります。

 

料金は午前便が一番高く、次に午後便、最安値になるのがフリー便です。

 

費用は見積もりから半額程度まで下がるので、正規が30,000円なら12,000円~15,000円程度まで値下げ出来ます。

 

デメリットとしては、作業開始時刻がつかめない点です。

 

作業開始は、午後便のお客様が終わってからのスタートのため、
仮に午前便、午後便のどちらかにトラブルがあり時間が遅れた場合は、作業開始が夕刻また夜以降となることも少なくありません。

 

 

ですので、フリー便は近距離で家財のみの引越しならばお勧めのプランになります。

 

 

他にも安い業者を探す場合や安くする方法はもちろん、相場を調べる場合には近場の引っ越し料金を参照して下さい。

 

 

荷物が少ないからこそ、自分でやれることはやるのが唯一の節約です!

単身引越しといえば物が少ないことがほとんど。そのため、量が少ないから料金を下げているというサービスが多いです。少しでも安くするために、まずはできるだけ物を少なくすることが大切です。

 

そこで重要となってくるのが「大型家具」「大型家電」です。

 

これらがあるのとないのとでは料金が大きく変わってきます。

Continue reading “荷物が少ないからこそ、自分でやれることはやるのが唯一の節約です!”