安心なクロネコヤマトの単身パックとゆうパックを併用して節約

引越しというものはそうそう何度もするものではありませんが、自分が単身引越しをする際はやはり知識があまりないので、色々と下調べをしてから行いました。

特に気になったのが引越しの料金で、安いに越したことはないのですが、安物買いの銭失いとならないようにということもあり、クロネコヤマトの単身パックを選びました。

 

このクロネコヤマトの単身パックですが、やはり積む量に限りがあるので、持っていくものを厳選する必要があります。

 

クロネコヤマトのスタンダードな単身パックを選んだので、このコンテナに入るかという基準で運ぶものを選択しました。

 

自転車など大きなものは、単身パックでは間違いなく入らないのですが、他社の単身引越しのサービスだと色々なものが入る分値段も高くなるので、この差は大きいと思います。

引っ越し作業とダンボールに入った服

また、衣服や布団などはかさばりますが、自宅に布団圧縮機があったのでこれを使うとサイズが小さくなるので、サイズもかさばらずコンテナに入るのでとても便利でしたね。

 

その反面大きくかさばる家電などは厳選する必要があり、新生活ということもあり引越し先で購入することにしました。コンテナに入らないものとしては、小分けにしたゆうパックなどを複数利用しましたが、一箱300円程度なのでこれも便利で助かりました。

 

 

このように、単身引越しに関しては基本的にはクロネコヤマトの単身パックを利用して、後は手間が掛かりますが、ゆうパックなどを利用してなんとか費用が2万円程度に収まりました。

 

自分でやる作業が多めですが、そこはお値段を安くするためなので仕方ないですね。